ブスな私のかわいいエプロン体験

私は非常にブサイクな子供でした。
今の時代では想像もつかないほど容姿について、考えたことはほとんどなかったです。
容姿よりも性格、という内容でクラスの考えが一致していた、そういう時代でもありました。
容姿がさえなくて温厚というのは安心感をあたえるらしく、当時はとても満足感を感じる位友達が多かったです。

子供の頃の写真を見ると、嫌になる位カワイクなく、これでは実の親でもかわいがらなかったのは仕方ないと思えるほどでした。
そのような私がある調理実習で、突然真っ白でフリフリのカフェエプロンをしたので、クラスの皆が引く位驚きました。
当時ではどこにも売っていないような、ロマンチックな胸当てのついたカフェエプロンは、洋裁が得意だった母の手作りでした。
私はというと、似合ってないな…と気恥ずかしかったです。
母の傑作でもあったそのエプロンは、その後成長した体に合わなくなったため、数回しか着用しませんでした。
もったいなかったです。

学生時代にはアルバイト先で、同じく母のエプロンをしていました。
その際は、母が自分用に作ったシンプルなタイプでしたが、近くを通りかかったまだ足元もおぼつかないような幼児がそばでピタリと立ち止まると、
かわいい、かわいいと小さな指を私のほうへ向けて、お母さんにしきりと訴え続け、一歩も動かなくなりました。
可愛いのは、まだ赤ちゃんに近いあなたのほうなんだけれど、とお母さんも私も、真っ赤になって恥ずかしがりながら、
エプロンの柄であったゾウさんがかわいかったのかナ?などと照れていました。
確かに、エプロンの柄は、気恥ずかしくなるくらい可愛くて子供っぽい柄ではありました。

どんなブスでも、女の子であれば適齢期というかとても可愛くなってくる時期があるものです。
そんなことを少し自覚し始めた頃だったため、ひょっとしてかわいいのは、エプロンではなくて私?!なんて、
小さい子にはわかるんだ!と勝手に思い、こそばゆかった体験です。

私を変えたかわいいエプロン

結婚を機に、勤めていた会社を辞めることになり、同僚の女性陣からプレゼントをもらいました。それはそれはかわいらしい花柄のエプロン!!エプロンはいくつか持っているけれど、こんなにかわいいものは持っていませんでした。その頂いたエプロンを着けて家事をすると、とても気分が上がります!旦那さんもかわいいと褒めてくれます。

それまで自分が持っていたエプロンは、母親がくれたものだったり、アルバイトのパン屋さんで使っていたものだったりと、自分で選んだものありませんでした。

192381096-r1

恥ずかしながらプレゼントをもらうまで、自分でエプロンを「買う」「選ぶ」なんて考えた事がなかったのです。こういうことがあって、エプロンは家の中で使うものだけど、そういう所でもちゃんとオシャレしなくちゃ女性としてダメかも…と考えるようになりました。それからは、お店で気に入ったエプロンを見つけると買うようになりました。

かわいすぎて汚したくないという気持ちにもなりますが、エプロンはエプロンの役目を果たしてなんぼだ!とも思うので、遠慮せず使っています。でもシミが残ったりしないように、お手入れは念入りにして、愛情を込めて使っています。

先日、子供の幼稚園入園で、手提げ袋や巾着袋をミシンで作りました。昔から手芸は好きだったので、久しぶりのミシンも楽しくできました。手芸屋さんに行くと、たくさんの種類の生地があります。生地選びも楽しすぎて目がキラキラしていまいました。そこで、エプロンも好きな生地で作ってはどうかな?と思いました。

ロイヤルスタイルというエプロンに特化した日本のブランドのエプロンはとてもかわいいエプロンです。

世界でたった一枚の私のエプロン。考えるだけでワクワクします!入学グッズも一段落したので、これから自分のエプロン作りに没頭したいと思います。そして、いつかは子供とお揃いのエプロンが作れたらいいな!